オンラインカジノ

【結論有り】オンラインカジノは違法なのか?日本の法律を紐解いてみた

オンラインカジノは違法か合法か

海外で合法のオンラインカジノ。

金融の頂点に立つイギリスを始め、多くの国で政府から認可されているエンターテイメントです。

しかし、日本国内ではオンラインカジノに関する明確な法整備が行われていません。

 

そこでこの記事では日本の法律でオンラインカジノが違法かどうかについて、実例も踏まえてお伝えしていきます。

ぜひ違法性の有無について正しい認識をお持ちくださいね。

オンラインカジノの違法性疑惑

今も昔も、オンラインカジノの違法性については意見が分かれるところです。

違法性が有るという主張も一理有るし、違法性が無いという主張も一理有る、と思ってしまう人も少なくありません。

ここでは初めに、オンラインカジノ違法派の主張と合法派の主張に加え、国内にあるオンラインカジノ以外の賭け事についてのよくある主張を併せて確認してみましょう。

オンラインカジノ違法派の主張

オンラインカジノの違法性を主張する際に持ち出されるのが「賭博及び富くじに関する罪」、いわゆる賭博罪です。

日本では賭博が原則禁止されていて、宝くじや競馬など日本政府が認めたものだけが合法とされています。

日本政府公認ではないオンラインカジノでの賭博行為は違法性が高いというのが、オンラインカジノ違法派の主張というわけです。

オンラインカジノ合法派の主張

オンラインカジノを合法とする主張は、前述の賭博法の適用条件によって説明されます。

賭博法で定義される「賭博」は日本国内で賭け場の提供者と賭けをする人がいてはじめて成立するため、海外に拠点を置くオンラインカジノを利用した場合は賭博法の内容に該当しないという主張です。

もし国内と海外の違いを考慮しないのであれば、ラスベガス旅行でカジノに行った日本人旅行者が犯罪者になってしまう訳ですから大変ですよね。

パチンコを引き合いに違法性を否定する論調

オンラインカジノの違法性を否定する人の中にはパチンコを引き合いに出しているケースもあります。

日本国内にあるパチンコ屋で賭け場を提供し、日本人がそこでギャンブルをしているので一緒ではないか、これが違法ではないならオンラインカジノも違法ではないという主張です。

これは乱暴な主張であり、パチンコが合法かどうかはまた別の問題としてあるものの、これを引き合いにオンラインカジノに違法性が無いというのは無理があると言えます。

日本の法律でオンラインカジノは合法か?

オンラインカジノが日本の法律で合法か違法かは、先程の主張からもまだはっきり断定するのは難しそうです。

オンラインカジノを日本の法律から解釈すると…

  • 日本の法律では、政府が認めたギャンブルのみが合法=オンラインカジノは合法ではない
  • 日本の法律では、賭け場提供者と賭けをした人が共に国内なら賭博になる=海外のオンラインカジノ利用では賭博にならない

つまり、日本の法律を解釈する限り、日本において海外のオンラインカジノを利用することは合法ではないけど賭博にも該当しない、グレーゾーンだということになります

 

法律だけで解釈が分かれる場合は判例に聞くのが正解。

そこで過去の事例からオンラインカジノの違法性について更に深く考えてみましょう。

ケーススタディ1:日本国内の違法店舗で賭博逮捕事例

2016年にドリームカジノ運営者が逮捕される事件がありました。

当時は「オンラインカジノが違法と判断された!」と騒がれたのですが、これには事情があります。

ドリームカジノは海外のオンラインカジノと謳っていましたが、実際には日本国内で運営されているオンラインカジノであったため、国内で違法なカジノを運営したとして当然罪に問われる内容です。

ケーススタディ2:オンラインカジノ逮捕事例

同じく2016年に海外オンラインカジノ利用者が逮捕される事件がありました。

ドリームカジノは海外運営自体が嘘だったわけですが、今度は海外のオンラインカジノを利用しただけの国内ユーザーが逮捕されてしまったのです。

これはオンラインカジノが違法ということか……と思われましたが、この時逮捕された利用者の1人が裁判を起こした結果、不起訴を勝ち取ったことで状況は一変。

オンラインカジノ利用者の罪を問う唯一の判例で「無罪」となったのです。

 

以下、担当弁護士津田岳宏氏のブログから一部を引用します。

カジノ法案も可決された。

そのような状況で,この微罪を適用して刑に処することが刑事政策的に妥当であるとは到底思えない。

些細な賭け麻雀を安易に検挙すべきでない旨の記載もある。胴元のいない賭博を安直に検挙することをいさめる趣旨である。

本日時点において,オンラインカジノプレイヤーが対象となった賭博罪被疑事件で争った案件は国内でただひとつであり,そのひとつは,不起訴となった。

言うまでもなく,不起訴は不処罰であり,何らの前科はつかない。平たく言うと「おとがめなし」ということだ。

 

この判例を踏まえ、海外オンラインカジノを利用することは、

  • 法律上、明確に合法とは明言できない
  • 判例から違法ではないと明言できる

という結論になります。

 

現状でオンラインカジノは違法ではなく、遊ぶことに全く問題はありません

同時に、上記の事情を理解せずに「合法です!!」という主張も間違いです。

注意が必要なオンラインカジノ

オンラインカジノで遊ぶこと自体に問題がないことは分かりましたが、それでも注意が必要なポイントがあります。

先程のドリームカジノのように、海外のオンラインカジノと偽っているカジノで遊ぶことは違法になりますので、海外ライセンスを取得していないオンラインカジノでは絶対に遊んではいけません

また、国内に多数あると言われている店舗型カジノ(店舗内でオンラインカジノに接続して遊ぶ形式)も違法になりますので絶対にNGです。

当サイトでは絶対に安全なオンラインカジノのみを紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

日本のオンラインカジノ業界展望

日本国内にもカジノを含むIR施設が出来ることは間違いありません。

そうなった時に、日本国内でカジノが合法化されるのにオンラインカジノは違法ということはありませんので、明確に合法化されていく可能性があると考えられます。

少なくともオンラインカジノで遊べなくなることは考えにくく、IRやカジノをきっかけにオンラインカジノで遊ぶユーザーが今以上に増えて業界全体が盛り上がっていくのではないでしょうか。

 

オンラインカジノ業界に長く身を置く立場として、早く合法化され、業界がもっともっと活性化することを願ってやみません。